毛じらみ(毛ジラミ)-写真(画像)・治療・薬・子供・性病・卵
毛じらみ(毛ジラミ)-写真(画像)・治療・薬・子供・性病・卵

毛ジラミ

毛じらみ(毛ジラミ)関連キーワード

毛じらみ(毛ジラミ)関連のキーワードを調べてみました。
こんなキーワードで検索されているんですね。

毛じらみ 10,645 回
毛じらみ 写真 541 回
毛じらみ 治療 489 回
性病 毛じらみ 328 回
毛じらみ 子供 291 回
毛じらみ 薬 212 回
毛じらみ 卵 208 回
毛じらみ 画像 170 回
毛じらみ 症状 103 回
毛じらみ 潜伏期 間 74 回

毛ジラミ 2,875 回
毛ジラミ 写真 102 回
毛ジラミ 治療 46 回
毛ジラミ 画像 46 回
毛ジラミ 治療法 29 回
性病 毛ジラミ 19 回
毛ジラミ 完治 19 回
毛ジラミ症 19 回
毛ジラミ 卵 18 回
毛ジラミ 毛穴 18 回


毛じらみって?

毛じらみって?

 

毛じらみって、しらみとは違うんですかね?


毛じらみっていうのは、大事なところの毛に寄生しているしらみで、髪の毛に寄生しているものはアタマじらみと言うようです。


しらみは、寄生するところによって名前が違うんですね。


毛じらみって、吸血昆虫の性行為感染症なんですって!!


こんなのうつされたらたまったもんじゃないですよ、困りますぅ。


毛じらみは、卵や幼虫のうちは気付かないことが多いらしいのです。


大事なところの毛ってあんまり見ないですしね・・・。


毛じらみが成虫になって増殖してくると、血を吸うときに、ものすごくゆみを感じるようになるんですって。


このかゆみは、経験者じゃないとわからないかゆみのようです。


昔、大物お笑い芸人が、女性に毛じらみをうつされて大変だった・・・という話をしてたの思い出しました。


このかゆみによって、皮膚を掻きむしると、細菌感染症などをひきおこしてしまうこともあるようですよ。


毛じらみの予防対策としては不特定多数の人との性交渉をさけることが一番のようですよ。


毛ジラミ

 

毛じらみの他に、衣じらみ、頭じらみがいるようですが、どれもこれも、人に寄生し、人との接触によって伝染する厄介なもののようです。


子どもを好んで寄生し、夏に多いのが頭じらみのようです。


大人の毛じらみが、子供の髪に移ることも考えられるようですので気をつけないと・・・。


毛じらみも頭じらみもかゆいのは同じです。


頭じらみは、体長3mm程で、灰白色、頭の後頭部や耳の後ろに棲みつくようです。


頭皮から血を吸とり、髪の根元に卵を産み付けていき、卵は7日ほどで幼虫となり、10日ほどで成虫となるようです。


頭皮の血を吸い、とても痒みが強く、かきむしって化膿するほどだそうです。


頭じらみは動きが早く、髪の毛を捜しても見つけることが難しいようですが、髪の根元に卵や抜け殻を見つけたら、頭じらみがいる可能性台のようです。


子ども達が頭をくっつけて遊んだりしている時に、頭から頭へ移るようです。


布団やタオル、衣類からも移るようですので共同使用も危険ですよ。


家族のなかの大人が毛じらみに感染している場合は、子供への感染も気をつけなければいけないようです。


まずは清潔を保つことが大事です。


大切な子供が、親のせいで毛じらみで悩むことがないように、気をつけましょう。


髪の毛じらみ

髪の毛じらみ

 

髪の毛じらみって、いまだに流行しているんですよ。


私の住んでいるところでは、毎年梅雨時期になると、髪の毛じらみ注意のお便りを小学校、幼稚園、保育園からもらってくることが多いです。


特に保育園は、お昼寝の時間があるので、布団などを介して髪の毛じらみがうつってしまうことが多いようです。


私たちが子供の頃・・・(今から30年位前ですが)は髪の毛じらみが発生していますので注意してくださいみたいなことはありましたが、今でもあるんですね。


驚きました。


集団生活の場で髪の毛じらみが発生してしまうと、大変のようです。


髪の毛じらみも水やシャンプーでは殺せないようなので、髪の毛じらみようのシャンプーを使わないといけないようです。


しらみの卵は髪の根元についていてなかなか落としにくいので、櫛などでしっかりすいてとりのぞくことが必要のようです。


一人に発生するとクラス全員にうつると保育園では言われています。早期発見、早期治療が大切です。


毛じらみの治療

毛じらみの治療

 

毛じらみの治療はどうすればいいのでしょうか?


毛を剃らないといけないとか聞くけど・・・どうやって治すのかしら?


なんだか大事なところの毛のあたりがかゆくてかゆくてって言うときは、病院にいくのもひとつです。


特に今までに毛じらみの治療をしたことのない人や、毛じらみってわからない場合は、皮膚科を受診するのが良いようです。


毛じらみだとわかる場合は、薬局でスミスリンパウダーとスミスリンシャンプーという薬を購入し、毛じらみの治療をするようです。


毛を剃ることは、成虫が生息できない環境になり、卵を毛に産み付けられないようになるので効果的ですが、全部剃らなくても短くカットして薬の浸透をよくするだけでもよいようですよ。


毛じらみは、卵→若虫→成虫となります。


毛じらみの卵や成虫は、水に強く、通常のシャンプーではなかなか死なないようです。


かならず、絶滅するまで毛じらみの治療をすることが大事なんですよ。


もちろん毛じらみが見つかった場合は、パートナーや家族もチェックして、毛じらみの治療が必要ですよックに就職したいと思っている人は、一度ホームページを見るかリクナビを覗いてみるといいですね。


毛じらみと頭じらみ

毛じらみと頭じらみ

 

毛じらみと頭じらみは少し違うようですね。


毛じらみとは大事なところの毛に寄生するしらみのことで、大人によくみられます。


性交渉などによっての感染が大きな原因のようです。


頭じらみは、髪の毛に寄生するしらみのことで、子供によくみられます。


毛じらみと頭じらみの発生に季節変動はあまりありないようですが、高温多湿をきらうため、夏には少なく秋から冬にかけて多発することが多いようです。


幼稚園や学校ではプールの授業がはじまる前にいっせいに検査することが多いため5〜6月にみつかる確立率が高くなっているようです。


頭じらみは、集団発生のケースが多いようで、幼少女子に多くみられ、頭部や後頭部、側頭部にカユミや湿疹を伴うことが多いようです。


頭じらみの感染経路は、学校やプールで感染するケースや、帽子、ヘアーブラシ、櫛、シーツ、枕などからも感染するようです。


毛じらみの自覚症状は、ちくちくとさすようなかゆみがあり、だんだんかゆみが強くなってくるようです。


場所は大事なところの毛のあたりが多いのですが、わき毛、まつげ、まゆ毛、すね毛などにも寄生するようです。


毛じらみの感染は、性行為感染が圧倒的に多いですが、温泉、健康ランドやサウナなどの布団やタオルなどによってうつることもあるようです。


毛じらみと頭じらみは同様に、吸血してかゆみを伴います。


毛じらみと頭じらみともに卵を毛の根元近くに産み付けます。卵を駆除しないと毛じらみと頭じらみを駆除できません。


どちらも感染したくない病気ですよね。


毛じらみと頭じらみの可能性があると思ったら、皮膚科を受診するか、薬局でしらみ駆除の薬を購入して治療することをおすすめします。