毛じらみ(毛ジラミ)-写真(画像)・治療・薬・子供・性病・卵
毛じらみ(毛ジラミ)-写真(画像)・治療・薬・子供・性病・卵

毛じらみと頭じらみ

毛じらみと頭じらみ

 

毛じらみと頭じらみは少し違うようですね。


毛じらみとは大事なところの毛に寄生するしらみのことで、大人によくみられます。


性交渉などによっての感染が大きな原因のようです。


頭じらみは、髪の毛に寄生するしらみのことで、子供によくみられます。


毛じらみと頭じらみの発生に季節変動はあまりありないようですが、高温多湿をきらうため、夏には少なく秋から冬にかけて多発することが多いようです。


幼稚園や学校ではプールの授業がはじまる前にいっせいに検査することが多いため5〜6月にみつかる確立率が高くなっているようです。


頭じらみは、集団発生のケースが多いようで、幼少女子に多くみられ、頭部や後頭部、側頭部にカユミや湿疹を伴うことが多いようです。


頭じらみの感染経路は、学校やプールで感染するケースや、帽子、ヘアーブラシ、櫛、シーツ、枕などからも感染するようです。


毛じらみの自覚症状は、ちくちくとさすようなかゆみがあり、だんだんかゆみが強くなってくるようです。


場所は大事なところの毛のあたりが多いのですが、わき毛、まつげ、まゆ毛、すね毛などにも寄生するようです。


毛じらみの感染は、性行為感染が圧倒的に多いですが、温泉、健康ランドやサウナなどの布団やタオルなどによってうつることもあるようです。


毛じらみと頭じらみは同様に、吸血してかゆみを伴います。


毛じらみと頭じらみともに卵を毛の根元近くに産み付けます。卵を駆除しないと毛じらみと頭じらみを駆除できません。


どちらも感染したくない病気ですよね。


毛じらみと頭じらみの可能性があると思ったら、皮膚科を受診するか、薬局でしらみ駆除の薬を購入して治療することをおすすめします。